« 夏の藤壺の滝は最高 | トップページ | 昨日の真湯温泉郷 »

2012年7月19日 (木)

祭畤(まつるべ)大橋展望台遊歩道初歩き

岩手・宮城内陸地震で崩落した祭畤大橋の新たな展望台が出来たというので行って見ました、案内板を見ると一関市建設課とあったので市で造ったようですが、遊歩道は板張りで想像していたより良く出来ており、気持ちよく歩く事ができました

Dscn1571_2 Dscn1574_2

Dscn1575 Dscn1578 Dscn1581

Dscn1583 Dscn1585

Dscn1570

行き帰りの風景を掲載しましたが、上の「まつるべ館」に車を置き、歩く事5分もかからないかもしれません、ここまで来る途中新たに東屋も二箇所に増えていました

Dscn1594 Dscn1595

Dscn1607 Dscn1603

骨寺村荘園交流館も初めて寄ってみました、道の駅みたいな造りでしたが、地元野菜の直売所はやはり以前のように道路沿いのテント販売で、生産者と会話をしながらの方が良いような気もしました

パンフレットによると毎日11:00~と14:00~無料で「骨寺村荘園遺跡」の案内ツアーを行っているそうです、お問い合わせは0191-33-5022となっています

Dscn1616 Dscn1619

入口には「一関夏まつり」のポスターが張ってあり夏本番を感じさせられましたが、帰りに気になったのが出口の左側がカーブになっており、前方にカーブミラーはあるものの高齢者のドライバーが多い昨今、注意しないと自己が起きかねないような気がしてなりませんでしたので、帰りの際はお気をつけ下さい

Dscn1618

|

« 夏の藤壺の滝は最高 | トップページ | 昨日の真湯温泉郷 »

コメント

今晩は~
素晴らしい施設ができましたね!
あの被害現場を、目の前でそのままに、かつ、周りの雰囲気とマッチさせ、小綺麗なニュアンスでまとめてあるようですね。
これなら、
安心して、あの日を体験・見学できますね。
何よりも、風化させないことが/伝えていくことが大事ですから、ご遺族の方々には申し訳ないのですが、一関エリアに近い所でのある意味=新スポット誕生は歓迎されるんじゃないですか?バスツアーに組み込まれたりして、、、多くの皆さんに来て/見て/体感してもらってこそ、犠牲者の死を無駄にしないということに繋がるのでは?!

投稿: tatsubo-H | 2012年7月19日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183087/46384998

この記事へのトラックバック一覧です: 祭畤(まつるべ)大橋展望台遊歩道初歩き:

« 夏の藤壺の滝は最高 | トップページ | 昨日の真湯温泉郷 »