« 岩手県一周600キロその1 | トップページ | 岩手県一周600キロその3 »

2015年7月29日 (水)

岩手県一周600キロその2

いや~暑くて眠れません、部屋の温度計を見たら30度!エアコンをかけると冷えて目が覚めるし、体のやり場がなく、まだ一時半なのに起きてしまいました、早く明るくならないかなあ~・・

では、昨日の続きを投稿いたします、一周忌が終わり来た道は御所湖花火大会で混雑していそうなので国道4号線へ出て帰宅する予定で東へ向かいましたが、いざ4号線へ出たらやたらに久慈へ行きたくなり4号線を北上致しました、実は3.11以来一度も宮古から北の方へは行った事が無く、復興の様子が気になっておりました・・
Dscn1844 Dscn1843 Dscn1849
渋民に入ったら[石川啄木記念館]入り口の案内板がありましたので誘われるままに寄ってみました、同姓だけに愛着を覚えます、たぶん30年位ぶりなような気がいたします
Dscn1853 Dscn1855 Dscn1857
啄木は一年余りですがここの教壇に立ったそうです、年表を見ると明治39年4月14日から渋民の代用教員となり、函館へ向かう明治40年5月4日までの一年余りだったようです
Dscn1858 Dscn1860 Dscn1862
小学校の隣に齊藤家があり、ここで長女京子が誕生したようです
Dscn1864 Dscn1865 Dscn1866_2
「雲は天才である」「ふるさとの山に向かひて 言うことなし ふるさとの山はありがたきかな」「たはむれに母を背負ひて あまりの軽きに泣きて 三歩あゆまず」・・・ふむふむふむ、ご指導ありがとうございました!
Dscn1872 Dscn1870 Dscn1869
道の駅石神の丘では一般の方たちの吹奏楽で賑やかでした、ここの道の駅はなんとか大賞を受賞しているようです
Dscn1874
道の駅くずまき高原を経由して平庭高原へ・・以前と違いあまりの寂しい光景に驚きました
Dscn1875 Dscn1876 Dscn1877
やっと盛岡から約3時間ほどかかり久慈の道の駅に着きました、
Dscf6615 Dscn1878 Dscn1881
久慈駅は道の駅から歩いて5分程で着きます、NHKの朝ドラ「あまちゃん」一色って感じでした
Dscn1882
バスで東京へ行こうとしたシーンを思い出されました、今もBSで7:15分から観ていますので親近感みたいなものを感じてウキウキしたりして・・
Dscn1883 Dscn1886 Dscn1887
Dscn1888 Dscn1889 Dscn1892
既に夕方の6時を過ぎたので観光は明日にして夕食をとる事にしました、駅員さんにお勧めの居酒屋を紹介していただいた寿々喜へGO!
Dscn1896 Dscn1898 Dscn1900
初めてどんこのお刺身を食べました、とろりとして甘くて美味しかったです、締めはどんこ汁で・・ご馳走様でした、さ、帰って寝ようっと・・・

|

« 岩手県一周600キロその1 | トップページ | 岩手県一周600キロその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183087/60935232

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県一周600キロその2:

« 岩手県一周600キロその1 | トップページ | 岩手県一周600キロその3 »