2015年6月14日 (日)

今日で岩手・宮城内陸地震から7年・・

東日本大震災で影が薄くなっていますが、岩手・宮城内陸地震の恐怖から今日で7年になります・・が、地元では残念ながら発生時刻の8:43分にサイレンも鳴らさず、何事もなかったような対応の朝を迎えています・・

Img_6163 Img_6720
あの日あの時の緊急車両のサイレンの音やヘリコプターのけたたましい音が思い出されます・・
Dscn0151
今も一部は保存されていますが祭畤大橋の崩落は記憶に残ります・・全国から警察や消防など緊急応援に駆けつけてくれたあの日から三年もたたないうちに3.11が起きるとは誰もが思いも寄らなかったことでしょう・・・
Dscn9406
3.11以降大きな被害をもたらすような地震は起きていませんが、全国各地で震度5程度の地震は起きています、合わせて活火山の活動も活発化してきております、入梅の時期に入り土砂崩れも心配されますが、国会議員(与党)の皆さんは国内の心配より対外的な事が大切なようで、安倍総理は外遊(世界旅行)するたびにお金(税金)をばらまいてくる始末です、福祉税とは名ばかりで合わせたら6.5兆円位だとか!身内(国民)には冷たく(厳しく)絞るだけ絞って、歴史に名を残したいのか、企業献金がもっと欲しいのか、そとづら(同盟国・経済界)だけを良く見せようとしている姿が見え見えです・・東京オリンピックの会場問題でも揺れていますが、並行して3.11の被災地はもちろんのこと天災に強い国づくりにもっと力を入れてほしいと思うこの頃です、福島原発は人災です、自民党は原発を推進していますが、本当に天災や人災(ミサイル等)に100%耐えられる対応をしているとは信じられません・・
アレッ!方向が変になりました・・今日は6.14(岩手・宮城内陸地震の日)です
Dscn9310
各自、この日を機会に年に一度くらいは避難生活の備えの確認をしてみるのも良いかもしれませんね・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

ビビった緊急地震速報

やはりトラウマになっているのでしょうか、先ほど奄美大島で地震が発生しましたが、突然テレビに緊急地震速報が表示されると無言になり体が硬直してしまいます、震度5弱と大きな被害はなかったようでなによりです、夕方のニュースでは箱根桜島に続き今度は浅間山が異変を起こしているとか・・私たちの近くでは蔵王も取りざたされていますが、日本列島各地で起き始めている活火山の変化に考えすぎでしょうが、東京オリンピック開催 まで大きな自然災害が起こらなければ良いのですが不安を感じるこの頃です・・

そう言えばこんな時もありましたね・・思い出しました、確かのど自慢が中断され後に再放送されたように記憶しております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

久しぶりの強い地震に大騒ぎ

岩手は心配をよそに幸い台風もたいした事が無く、雨があがったので外で車を拭いていたらゴトゴトゴトと揺れだした後一気にガタガタガタと音をたてて家が揺れ始めました、当然車もユラユラと揺れだし妻はもちろん隣近所の人たちも外へ飛び出してきました、思わず蔵王でも噴火したか?なんて思ってしまいました、毎朝、FMあすもを聞きながら外にいるのですが、割り込み放送のアナウンサー(女性)も息が途切れておりました・・お陰さまで県内に大きな被害は無かったようです

Dscn0630
話は変わりますが、最近街中でチョコチョコ見かけるヤクルトの配達車が家の前に静かにやって来ました、どうやら電気自動車のようで水色ナンバーです、詳しく分からなかったので早速インターナットで検索してみましたがトヨタの「コムス」という車でした、内容を見ると車検が要らない車で、一度の充電で50km走るとか、最高速度も60K出るそうで配達業務には経済的なのかも知れませんね・・
Dscn0632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

またもや豪雨に見舞われて

昨日、一昨日前、雷雨や豪雨に見舞われた岩手県南地方ですが、特に一関地区は北上川の下流とあって、再三の水害に遭っている所です、昨日は一関コミニティラジオの「あすも」でも頻繁に災害情報を流しておりました、情報によると東山地区に床上浸水や水道断水などの被害が多く出ているようで、私の店も同地区にあるので気になり早朝様子を見に行きました、お陰様で私の店は何ら被害がありませんでした

Dscn5669  Dscn5674東山町の名所「げいび渓舟下り」の場所に行ってみたら砂鉄川は濁流と化し、船頭さんたちがまだ朝五時なのに既に出て、舟の水かきなど忙しそうに動き回っておりました、この様子では今日の舟下りは欠航となりそうです

Dscn5691 Dscn5684東山町の松川地区に行って見ると、まるで東日本大震災の時のような風景に驚かずには居られませんでした

Dscn5697 Dscn5701 Dscn5702 まるで東日本大震災直後の気仙沼の街のようでした、何時の時代も人は自然災害に耐え鍛えられ生きてきたのでしょう、また、これからも生きてゆくのでしょう、幸いケガ人は出たようですが今回の水害による死者はなかったようです

Dscn5703 Dscn5704 上の写真は砂鉄川と北上川の合流地点の様子です・・・

Dscn5705 この写真は北上川に架かっているJR横石鉄橋付近の様子です・・・

Dscn5708 Dscn5709 ちなみに今朝の一関磐井川の様子はこんな感じでした、どうやら河川敷までは水は上がらなかったようです、拡張工事中なので心配していましたがホッと胸をなでおろしました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

「岩手・宮城内陸地震」明日で五周年

あまりにも規模の大きい東日本大震災で岩手・宮城内陸地震は忘れられかけていますが、当時高速道路が緊急車両専用道路となり、全国から救助に来る車両のサイレンやヘリコプターの音が鳴りっぱなしだったあの日から五年になりました、今でもあのけたたましい音は耳にこびりついております、全国からの支援のお陰でだいぶ復興いたしましたが、まだ工事中のところもあり震災前の生活水準に戻っているかと言うと考え物です・・・

Img_6718 Img_6714 Img_6720 Dscn0147 Img_6162上の写真は当時の一関市側ですが震災後はこんな様子がしばらく続きました、3.11にせよ6.14にせよ、地震の時のあの恐怖感は忘れられるものではありません、、、が、時間が経つにつれ飲料水の確保や電池の在庫さえ無くなっている始末です・・・
Dscn4998 Dscn5000 Dscn5007 Dscn5043 Dscn5036 Dscn5087先日行って来た宮城県側の様子ですが、岩手県側では地震が直接の原因での死者がゼロでしたが、宮城県側では多数の死者が出ました、地震発生時刻のAM8:43分には心の中で犠牲者の皆さんの更なるご冥福をお祈りしたいと思います・・・
被災地のみに係らず、今や全国何所で何時発生するかわからない地震の備えを再度確認する日になれば犠牲者も報われるのかもしれませんね・・・
世界谷地(You Tube)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

間もなく岩手・宮城内陸地震から五年の栗駒山周辺

前回の投稿でも書きましたが岩手・宮城内陸地震が発生したのは2008.6.14のAM8:43分でした、五年前の震災以来二回目の栗駒山いわかがみ平への訪問でした

Dscn4968_3
山崩れした後の補修工事なんだろうが、あんな高い所までどうやってコンクリートを打ち込んだのだろうか、知識のない私には感心するばかりでした
Dscn4979_2 Dscn4970_4
山吹だろうか、黄色の花に目を引きつけられました、たぶん、工事の際植えたのでしょう、なんか心が休まりました
Dscn4981 Dscn4982_2
行者の滝が見えてきました、確か震災の時ここでも二人ほど亡くなったとか聞いたような気がします
Dscn4994 Dscn4996
Dscn5002
ここは、駒の湯があったところです、当時大々的に報道されてご存知のように数名の方が土砂の下敷きになり亡くなりました、慰霊碑にはその方たちの名前が刻まれています、五年経って始めて手を合わせました・・・
Dscn5013
Dscn5019 Dscn5018
いわかがみ平到着です、登山者の車でしょうか・・・けっこう沢山の車が駐車してありました、この雪だるま大人が作ったのでしょうか(笑)?
Dscn5021 Dscn5022 Dscn5025
残念ながら、以前宿泊した事のある「いこいの村栗駒」は閉鎖中でした、再開の予定はあるのでしょうかね
Dscn5029 Dscn5032
Dscn5034 Dscn5035
ハイルザーム栗駒は営業を再開していますが、ここにも全国各地からいらした観光客らしき名前が書かれた慰霊碑が入口に建てられていました
Dscn5047 Dscn5049 Dscn5048
いわな養魚発祥の地の「數又養魚」は営業しておりましたが、お客様らしき人は一人も見えませんでした、五年経っても震災の悪影響は改善されていないようです
Dscn5055今日の一番の目的地である「世界谷地原生花園」に着きました、震災後初めての散策です・・・
Dscn5057 Dscn5062
Dscn5064 Dscn5078
Dscn5075
えっ!?パンダ?タヌキ?置物かな・・・写真を撮った直後林の中へ走ってゆきました、お出迎えありがとう!
Dscn5080帰ろうと駐車場に戻ったらちょうど路線バスがやって来て観光客がぞろぞろ降りたのを見て何故か嬉しくなりシャッターを押すのでした
Dscn5095 Dscn5089
Dscn5092
荒砥沢ダムに着きました、この付近も大規模な山崩れが起き震災当時上空から全国に何度も報道された場所です、途中ところどころ路線変更され真新しい道路で繋がれていました・・・エコな水力発電所がありました
Dscn5102 Dscn5110
Dscn5121 Dscn5122
荒砥沢ダムを降りてゆくと「山武温泉さくらの湯」が健在で営業をしていました、ここでは「日本一安全で美味しい水」を買う事も出来ます
Dscn5128孫の楓麻くんに「いわかがみ平」でクーラーボックスに詰めてきた雪のお土産です、雪だるま作ろうっ・・・ツメテェーッ・・・だって・・・
東日本大震災から二年が過ぎ、岩手・宮城内陸地震からもうすぐ五年、今日は復興に時間がかかる事を再確認された一日でもありました・・・新緑の栗駒山はマイナスイオンたっぷりで皆さんをお待ちしておりま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

須川高原温泉に行けず

Dscn4411

ゴールデンウイークに休まず働いたので、天気に誘われ休みと決め付け久しぶりに須川高原を目指して車を走らせました・・・が!

真湯温泉へ着くと須川高原への登り口のゲートが積雪の為閉まっておりました・・・(@Д@;
Dscn4413仕方がないので周辺を探索しながら帰ることにしました
Dscn4419国道342号線、地元でありながら今年初めてのドライブでしたが、一関市内方面へ逆戻りし、真湯温泉付近をカメラに収めました
Dscn4422 Dscn4424
真湯コテージです、、、私はまだ利用したことがありません( ̄Д ̄;;
Dscn4431真湯ゲートボール場には山桜を狙った人たちでしょうか皆カメラを持ち集まっておりました
Dscn4437
Dscn4442 Dscn4446
当然のようにかみくら温泉と健康の森にも寄ってみましたが今回は湯にはつからず南下しました(◎´∀`)ノ
Dscn4449 Dscn4450
震災から五年経ちますが、まだあちらこちらに岩手・宮城内陸地震の復旧工事が進められています
Dscn4451
Dscn4464
Dscn4460
Dscn4465
矢櫃ダムを通るときは必ず車を停めて眺めてみたくなります、今日も水が青々としていて、しかも風が強かったので水しぶきがいつもより高く舞い上がっておりました(゚m゚*)
Dscn4475ドライブの最後はやはり厳美渓へ・・・東屋を見るとカメラにマイクを持ちテレビの取材らしき様子でした、近寄らないでおこうっと・・・(;´▽`A`` 
こんな感じで3時間ほどのドライブは終了したのでありました・・・(○゚ε゚○)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

昨日の真湯温泉郷

ジャブジャブ広場やキャンプ場やコテージの様子を見て来ました、岩手・宮城内陸地震で使用不可能だった子供用プールには水が流されており再開している様子でした、震災前日まで移動販売車でお邪魔していた頃の、あの賑やかな子供達の叫び声と笑顔が思い出されます

Dscn1592 キャンプ場もテントが張っており私用したような後が残っておりましたempty

Dscn1586 隣りがコテージとなっております、実は家が近いもので私は一度もコテージを利用したことがないんです、一度身内で利用してみたいものです・・・ビックリ!コテージの事務所に昔私が贈呈した時計が・・・大事に使っていただいてありがとうございますhappy01

Dscn1587

Dscn1588 ジャブジャブ広場の隣りにテニスコートも隣接してありますが、すべて利用受付は真湯温泉内となっているようです、真湯温泉は現在新しい湯せんを引くべくボーリングしているそうです、前回入浴したので昨日は写真だけで失礼致しましたspa

Dscn1590帰宅途中本寺地区内に新しい広域道路が出来たというので走ってみましたがなかなか快適でした、どうやら北上方面に行くらしいので途中から有機肥料センターの方へ右折・・・山間の中にこんな風景が見られましたrvcar

Dscn1622 Dscn1627 Dscn1628広大な牧野を眺めながらあまり広くない道路を通り抜けたら「達谷窟」(たっこくいわや)脇に出ました、ならばと左折し毛越寺前を通り右回りで一関に帰ってきたしだいですgood 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

祭畤(まつるべ)大橋展望台遊歩道初歩き

岩手・宮城内陸地震で崩落した祭畤大橋の新たな展望台が出来たというので行って見ました、案内板を見ると一関市建設課とあったので市で造ったようですが、遊歩道は板張りで想像していたより良く出来ており、気持ちよく歩く事ができました

Dscn1571_2 Dscn1574_2

Dscn1575 Dscn1578 Dscn1581

Dscn1583 Dscn1585

Dscn1570

行き帰りの風景を掲載しましたが、上の「まつるべ館」に車を置き、歩く事5分もかからないかもしれません、ここまで来る途中新たに東屋も二箇所に増えていました

Dscn1594 Dscn1595

Dscn1607 Dscn1603

骨寺村荘園交流館も初めて寄ってみました、道の駅みたいな造りでしたが、地元野菜の直売所はやはり以前のように道路沿いのテント販売で、生産者と会話をしながらの方が良いような気もしました

パンフレットによると毎日11:00~と14:00~無料で「骨寺村荘園遺跡」の案内ツアーを行っているそうです、お問い合わせは0191-33-5022となっています

Dscn1616 Dscn1619

入口には「一関夏まつり」のポスターが張ってあり夏本番を感じさせられましたが、帰りに気になったのが出口の左側がカーブになっており、前方にカーブミラーはあるものの高齢者のドライバーが多い昨今、注意しないと自己が起きかねないような気がしてなりませんでしたので、帰りの際はお気をつけ下さい

Dscn1618

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

国道342号線5/30に開通!!

岩手・宮城内陸地震で被災し全面通行止めになっていた国道342号線、真湯~須川高原温泉間が、5/30(日)正午に開通すると県が発表いたしましたヽ(´▽`)/

これで一関市民にとっては、近くて遠くなった須川高原温泉が約二年ぶりに身近な場所なります、開通に伴いパレードやウオーキング、マラソンなど多彩なイベントが企画されているようです(*゚▽゚)ノ

今年の新緑のシーズンは一関から須川高原経由、秋田小安峡経由稲庭うどん、なんていうのも良いのかも知れませんね( ^ω^ )

| | トラックバック (0)